« 熱中症注意 | トップページ | 梅雨の晴れ間にすること »

2020年7月27日 (月)

梅雨の晴れ間に

Img_1722

7月20日(月)くもり後雨
カーンコ~ンと槌打つ音の主は今朝も道張り普請中の花守
人氏でした。偶に逢ういつも笑顔の花守人さんから今日も
元気を貰いました。

Img_1719

(俳句)ゆくりなく三光鳥に耳すまし  石南
今朝まで雨、明日からまたず~っと雨予報なので偶の晴間に
山歩きをしようと出かけて来たのです。今日の気温は30°
風が落ちて蒸暑さはまるで温室の中にいるようで。

Img_1721

人には不快でも植物たちには好環境なのでしょう。花はもう
あらかた終ったので今日は梅雨茸を探しながら登りました。

Img_1729
(クリック拡大)
ヒヨドリバナが群生していました。アサギマダラはまだ飛来
していないようでした。南から渡りをしてきたアサギマダラ
はヒヨドリバナの蜜を吸いピロリジジンアルカロイド(PA)
を取り込んで逞しい雄蝶に変身して恋の相手を探すのです。

Img_1730
(クリック拡大)
取り込んだPAには雄の性フェロモンの原料が含まれていて
毒性の強いアルカロイドによって体質が変異した蝶は天敵の
鳥から身を守る術を知っているようだと、佐渡のガイド氏が
教えてくれたのでした。今年はまだ佐渡の山には行っていな
いけど佐渡のガイド氏は元気かしら。

Img_1732

暑さの中をヘロヘロになりながら山頂に着きました。こんな
蒸暑い日にはさすがに小屋には誰も居ませんでした。

Img_1734

切株にニガクリタケが発生していました。今日はアマニタ
もボレイタスも見かけませんでした。外に出て山頂広場の
ベンチでコーヒーブレイクしていたら久闊の山の会の仲間
たち、大姉様方が入れ代わり立ち代わりに現れて。

Img_1735

オキナクサハツの老菌を見つけました。
「ヤマユリとクルマユリは咲いてませんでした?」って聞い
たら、灯台尾根にいっぱい咲いてたわよ。

Img_1743_20200726204201
(クリック拡大)
っていうので下りは灯台尾根を辿ることにしました。今が
盛りと咲くクルマユリが見事でした。

Img_1756
Img_1755
Img_1757
(クリック拡大)
(俳句)山百合の香につゝまるゝ山の午後
岩場にさしかかると辺り一帯が強い芳香に包まれました。
百合の女王とは言いいて妙。見事な咲きっぷりでした。
Img_1766

岩稜に立つと海からの涼風が心地よいので、暫し岩棚に腰を
下ろしていました。

Img_1770
(クリック拡大)
魚見山にはナワシロイチゴの赤い大きな実がいっぱいあり
ました。一粒摘んで口に含むと甘酸っぱい味が口中に広が
りました。

Img_1773
(クリック拡大)
長梅雨が明ければ夏土用明け。二の丑に鰻を食せば山に秋が
訪れるのはもうすぐです。
(おわり)

|

« 熱中症注意 | トップページ | 梅雨の晴れ間にすること »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ヤマユリ、クルマユリが綺麗ですね!温室栽培のカサブランカユリとは違い見事です!キノコもたくさんありますね。
梅雨の晴れ間は確かに蒸し暑いので、この時期は里山に行く人も少ないでしょう!崖の上は海からの涼風が心地よさそうですね!お疲れ様でした、さぞ体重減少した事でしょう!

投稿: 静岡の岳人 | 2020年7月27日 (月) 09時27分

静岡の岳人さん  おはようございます。花が少ない時期だけに
大ぶりのヤマユリは目立ちますね。この時期に出るキノコは毒菌
ばかりだからうかつにてを出せません。偶の山歩きは堪えました。
雨ニモマケズ続ければきっとスリムになれます。(^^)

投稿: シャクナゲ色 | 2020年7月28日 (火) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熱中症注意 | トップページ | 梅雨の晴れ間にすること »