« 秋の合同謡会 | トップページ | 角田山の十月尽 »

2020年10月29日 (木)

アケボノシュスランを探して

Img_2186
(クリック拡大)
10月27日(火)晴
晩秋の角田山に曙繻子蘭を探しに出かけました。スギエダタケ
が発生していました。このキノコを見つけると秋の深まりを感
じます。
Img_2188
サラシナショウマ
ブラシ状の花が終り若い実に変わり始めていました。

Img_2190
マムシグサ
花は実に。マムシグサが真っ赤に熟しはじめていました。
アケボノシュスランは何処にあるのかしらん。辺りをキョロ
キョロしてもそれらしい花がありません。

Img_2213

見上げるとあらかた葉を落としたオニグルミが透けて青空が
広がりました。

Img_2214
(クリック拡大)
薄紅葉して枯れ急ぐ山のもの    石南
来た径を振り返ると透けた木の間越に青い海と沖に佐渡の
金北山が見えました。

Img_2216
(クリック拡大)
弱々と蜜吸ふ蝶に暮の秋
蝶がいます。何処にいるかわかりますか?
海から100メートル程上って来たというのに、どこにも
アケボノシュスランを見つけることが出来ませんでした。

Img_2197
(クリック拡大)
今年はダメかと思って来た径を引き返したら、偶然目に留まり
ました。足許にあるわ、あるわ。
Img_2202_20201028195201
(クリック拡大)
視線を上にしていたので見落としていたのでした。
アケボノシュスラン(曙繻子蘭)は山地の広葉樹林の林床に
生える多年草で、茎は地を這い上部は斜上し草丈10センチ位。
葉は互生し、茎頂に淡紅色の花をつけます。花期は9~10月。

Img_2203
Img_2205
(クリック拡大)
花形は餌をねだる幼鳥の嘴にも似て愛らしいのです。突然の
花たちの出現に心足る思いでした。

Img_2215

疫癘の熄(や)まづ泡立草たけり
空地のそこここにセイタカアワダチソウの群生が目につき
ました。コロナ禍の終息が見えない最中、それもこれも早
い駆除を願うばかりです。

Img_2218
(クリック拡大)
おまけです。帰りに畑に寄りました。先日定植した玉ねぎ
はしっかり活着してくれたようです。
(おわり)

|

« 秋の合同謡会 | トップページ | 角田山の十月尽 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

アケボノシュスラン珍しい花をありがとうございます。単独登山では見落としますね!玉ねぎをたくさん植えましたね、何本植えましたか?これの何割くらい大きく成長しますか?こちらはまだこれから植えますよ!

投稿: 静岡の岳人 | 2020年10月29日 (木) 11時14分

静岡の岳人さん こんにちは。アケボノシュスランは意外と小さい
のでうっかり見過ごすかもですね。玉ねぎは100本植えました。
昨年少雪だっけど、積雪の下になったりすると結構消失するので
如何でしょうか。そちらは温暖だから大玉に成長しますよ。
きっと。(^^)

投稿: シャクナゲ色 | 2020年10月29日 (木) 15時09分

あけぼのしゅすらん→灯台コースですか?
珍しい花ですね。
今年はセイダカアワダチソウがやたらと
目につきますね。ここしばらく勢いを失っていたのに?

投稿: kazu1954 | 2020年11月 5日 (木) 09時30分

kazu1954さん こんにちは。先日コノイリから入ったらアケボノ
シュスランは姿を消していました。冬紅葉がきれいな季節になり
ましたね。今年は泡立ち草がやたら目につきます。コロナと重な
って悪印象ですね。赤谷方面に出かけましたが、ソロだと熊が恐
いし当分弥彦角田通いが続きそうです。(^^)

投稿: シャクナゲ色 | 2020年11月15日 (日) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の合同謡会 | トップページ | 角田山の十月尽 »