« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月18日 (金)

初雪来る

Img_2483

12月16日(水)雪
新潟に今冬初雪が降りました。ここ瓢湖(阿賀野市)の積雪
は凡そ15センチ。凍える一日となりました。

Img_2491_20201217113001
(クリック拡大)
(俳句)ラムサール條約の潟雪景色   石南
先着のカメラマンが一人二人。人も疎らの湖畔を吟行しました。

Img_2447
(クリック拡大)
(俳句) 餌付け爺追うて千羽の鴨動く
餌に集まって来る鴨、鴨、鴨…数に圧倒されました。
餌が撒かれると、その数が一斉に移動するのです。

Img_2485
(クリック拡大)
(俳句) 首長がの白鳥どちの争へる
かふかふと啼き争う白鳥の聲が沼によく響きました。

Img_2492
(クリック拡大)
(俳句) 五頭けぶり念腹捨てし山眠る
ブラジル移民の大俳人、佐藤念腹師の出身地(旧笹神村)
が隣村なのです。

Img_2493
(クリック拡大)
(俳句) 風に乗る白鳥ふはり沼の上
餌場が雪に埋もれてしまい、行き場のない白鳥の群れが
離陸、旋廻、着水の編隊飛行を繰り返して沼はさながら
飛行場の様でした。

Img_2497

念腹師の生地を訪ねる積りで五頭山麓の豪農の館に寄りました。
古民家レストランは風情がありました。

Img_2499

(俳句) これよりは九十日余の冬籠
庭の雪景色を眺めながらパスタランチを食べました。これから
雪解けの春まで長い雪の日々が始まります。お土産にクラフト
ビールのポーター(黒ビール)を買いました。
(おわり)

| | コメント (2)

2020年12月17日 (木)

謡納め

Img_2476

12月6日(日)晴
(俳句)正座して謡納めていよよ冬  石南
コロナ禍で始まった一年は公演はみな中止になりました。
今日はマスクして距離を取っての〆の納会となりました。

Img_2478

謡の会も今年で70周年を迎えました。会員もみな老いました。
紅白饅頭を頂き、謡曲「高砂」を謡い「千秋楽」で〆ました。
来年はいい年になりますように。(おわり)

| | コメント (2)

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »