« 冬のジャズストリート | トップページ | 角田山二月尽 »

2021年2月13日 (土)

角田山初登り

Img_2633
(クリック拡大)
2月12日(金)晴
今日が角田山初登りです。山頂は雪がたっぷり。木の間越に
青い日本海が見えました。

Img_2607

山中にある鳥ノ子神明社に初詣をしました。

Img_2606

(俳句)ものの芽のつんつんつんと神の池   石南
早や水芭蕉の角芽が芽吹いていました。今年はあんなに豪雪
だったのにここにも自然の芽吹がありました。

Img_2634

(俳句)山つばき花芽に風のまだ固し
ヤブ椿の蕾がふくらんでいました。でも葉末を渡る二月の風は
まだまだ冷たく感じられました。

Img_2616

(俳句)海に向くベンチに坐して春うらら
誰が置いたか。丁度息が上がる頃、急登の途中の小椅子に
腰を下ろして一服付けました。崖の向こうに青い日本海と沖の
佐渡にまだ真白い金北山が輝やいていました。

Img_2625

稜線に出ると雪がたっぷりありました。「今年もよろしく」
の声に振り向くと、今日は山の会の人たちとよく逢いました。

Img_2628

(俳句)よく晴れて二月の山のすがしさよ。
蒲原平野の沖にたたなわる飯豊連峰が見えました。木の間越
に朝日連峰が遠くかがやいていました。

Img_2622

(俳句)雑木山雪間根開けの広ごれり
雑木の根開けがはじまると山の雪解けが一気に進みます。

Img_2629
(クリック拡大)
山頂の下萌えがみんな雪に埋もれると広い山頂がまた一段と
広く感じられました。

Img_2631

(俳句)山小屋にまだかかされぬ春暖炉
皆さんお互い「密」にならぬよう、気をつけているようでした。
常連さんと言葉を交わして、早々に小屋を出ました。

Img_2636

(俳句)三寒は吹雪四温は雪解晴
下山して波打ち際まで降りました。砂浜をわたる2月の風は
まだ冷たいものの、涛々と寄せる波が春めいて感じられました。
沖の佐渡へも今年は山登りに出かけようと思います。
(おわり)

|

« 冬のジャズストリート | トップページ | 角田山二月尽 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

角田山は大雪ですね!ストーブも良いですね!私も11日に近くの里山に登りました、山頂から雪を被った聖岳、赤石岳など南アが良く見えましたよ!もちろん富士山、駿河湾、伊豆の山々も!

投稿: 静岡の岳人 | 2021年2月13日 (土) 18時04分

静岡の岳人さん おはようございます。大雪の後遺症で駐車場の
除雪が進まず、先週やっと空きました。雑木の根方にひっそりと
咲く雪割草をみつけました。三寒は吹雪ですから小屋のストーブ
が活躍します。温暖なそちらがうらやましい(^^)青い駿河湾を見て
富士山を眺めながら山歩き憧れます。聖、赤石岳は山が大きいから
雪に輝く姿は見応えがあるでしょうね。

投稿: シャクナゲ色 | 2021年2月14日 (日) 10時16分

良く晴れた土曜日の一日。葉を落とした残雪の角田山、さぞ爽快だったでしょう。写真に添えられている俳句から出かけたような気分になりました。次回も楽しみにしています。私は紅子さんやあき子さん、飛浪さん萌さん等と笹鳴俳句会を楽しんでいました。

投稿: 小嶋紅円 | 2021年2月15日 (月) 17時16分

小嶋紅円さん おはようございます。ホ句の仲間と句会して充実
の時間を過ごされましたね。その頃小生はやせ尾根で喘いでいた
訳です。残雪の春山を眺めて、ふっと浮かんだ駄句もなんのその
ブログアップする爽快感はたまりません。(^^)

投稿: シャクナゲ色 | 2021年2月16日 (火) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬のジャズストリート | トップページ | 角田山二月尽 »