日記・コラム・つぶやき

2019年9月27日 (金)

3度目の吟行

Img_7928

9月17日(火)晴
秋晴れの今日は3度目の吟行に白山神社を訪ねました。

Img_7951

素十門の孫弟子たちは決まって、公園奥にある「師弟句碑」
とか「三師句碑」とか呼ばれている句碑の前に集まっては
句碑を拝んでいきます。

Img_7950

真ん中に高浜虚子の句、左右に高野素十と中田瑞穂師の句
が並びます。虚子の来県と「真萩」「越後ホトトギス」が
盛んだった頃の記念碑だったのです。

Img_7931

拝殿の地下道を潜って出た所に新潟の幕末に活躍した郷土の
文人の顕彰碑が祀られていました。

Img_7933

(俳句)蟹好きの画伯の碑文秋の風
本間翠峰は弥彦村の出身の画家で好物の蟹に当って亡く
なったので「蟹翠峰」と呼ばれたと書いてありました。

Img_7937

(俳句)松陰を偲びし絶句身にぞ入む
中川立庵(りょうあん)は代々漢方医として有名でしたが
幕末志士の援助者でもありました。吉田松陰が新潟に来て
逗留した時を偲んで作ったという五言絶句の碑でした。

Img_7952

(俳句)蓮池の風爽やかに祝はるる
今日は96歳の主宰の誕生祝と句友の俳誌「雪」の巻頭祝
を兼ねて吟行句会をしました。

Img_7957

(俳句)さわやかにハモニカをもて祝はるる
句友の一人にハモニカの先生がいるので伴奏付きでバース
ディケーキのそうそくの火を吹き消して祝いました。

Img_7962

(俳句)長寿祝ぎ巻頭を祝ぐ茸飯
松茸の土瓶蒸し付のきのこ膳は美味でした。

Img_7946_20190927102601

(俳句)素十の忌近しと憶ふ秋の宮
猛暑の日も過ぎ朝晩はめっきり涼しくなって秋の深まりを
感じます。10月はもうすぐ、10月に入れば素十門の一年
の鍛錬のほどが試される素十忌記念句会が待っています。
(おわり)

| | コメント (2)

2019年9月20日 (金)

九月は句の月

Img_7747

9月10日(火)晴
9月に入って2回目の句会の吟行に笹川邸(南区)に出かけ
ました。台風14号が逸れても、今日は蒸暑くなりました。

Img_7748

前を歩くのは御年96歳の主宰です。足取りもしっかりして
驚くほど健康です。主宰は素十(すじゅう)俳句の直弟子の
後継者として今も全国の門人たちを指導されているのです。

Img_7749 
昭和20年に高浜虚子が来県され、笹川邸に吟行した時の句碑
が残っています。

Img_7750

旧笹川邸は安土桃山時代に信濃国水内郡笹川村
(現飯山市付近)からこの地に移住し、昭和45年
(1970)に当地を離れるまで14代300年続いた
名家でした。

Img_7751

江戸時代には西蒲原一帯の8ケ村を束ね、8千石の年貢を
取りまとめる村上藩の大庄屋で警察、裁判権を行使した役場
でした。現在は新潟市が保有し建物文化財を保存しています。

Img_7753

高い木組の梁、広い土間には昔大勢の使用人が忙しく立ち
働いていたのでしょうね。上の間の長炉と一段低い広い厨
の今は火の気のない炉にふと往時を想像してみたのでした。

Img_7759

(俳句)村捨てし当主の句碑やつくつくし
6千坪の広い敷地の裏庭の一画に最後14代目の当主流水氏
(俳号)の残した句碑がありました。流水氏は虚子主宰の
俳誌「ホトトギス」に2度入選した俳句達者だったそうです。

Img_7755

(俳句)興先生「努力」の遺墨身にぞ入む
敷地の中に併設されている記念館に平澤興先生(京大学長)
と曽我量深先生(大谷大学長)の遺品が展示されていました。

Img_7756

(俳句)庭奥に累代の墓竹の春
両先生とも郷土が生んだ碩学でした。

Img_7766

句会場の地元の料亭に場所を移せば、句会の前に先ず乾杯。
実はこれが楽しみで吟行に来ているのですよ。とはウソです。

Img_7765

地元の旬の食材の見事な料理に舌鼓を打ちつつ、真剣勝負の
句会は刻々と近づいたのでした。

Img_7769

(俳句)まだ刈らぬ中稲(なかて)晩稲(おくて)田狐色
午後1時締切投句。20人の参加者の真剣勝負が始まりました。
酔いがいっぺんに覚めるほどの力作が披露されました。
越後の今は豊の秋。我らの句作も実りの時季に入りました。
(おわり)

| | コメント (2)

2019年9月 3日 (火)

大根蒔く

Img_7730

8月27日(火)晴
山友モモさんから冬野菜の苗をもらったので3畝に分けて
定植しました。丁度明日から雨予報になりました。

Img_7729

1週間前まで草蓬々だった畑と半日格闘して、とりあえず
苗を植える分を確保したのでした。石灰と元肥を入れて深耕
して1週間寝かせて置いたのです。

Img_7733

ブロッコリーとキャベツとカリフラワーを3畝に分けました。
青虫がつかないように、直ぐに寒冷紗を掛けました。

Img_7734

残った畝は後日、大根と冬菜を撒こうと思います。

Img_7735_20190902215201

8月31日(土)晴
冬野菜の苗はうまく根付いてくれたようです。貴重な晴れ間
に大根を撒きました。「大根は8月中に蒔くべし」という
訓えにならった訳です。新潟の冬は早いのです。

Img_7741

(俳句)佐渡見えておだやかな日は大根蒔く
2畝蒔いて不織布を掛けました。カラス対策と乾燥防止です。
残りの畝は9月の中旬に冬菜を撒こうと思います。今日で8月
は終りです。9月になれば涼しくなるかしら。
(おわり)

| | コメント (2)

2019年9月 1日 (日)

秋の気配

Img_7710

8月26日(月)晴
今日の海は投げ釣をする人の景色も何処となく秋の気配が
感じられました。

Img_7646

(俳句)角田から弥彦へ峠葛の花

Img_7648

盆過ぎの猛暑の中を朦朧とした意識の中で見たキツネノカミソリ
をちょっとは涼しくなった今日あらためて眺めてみたいと出かけ
て来たのでした。

Img_7650

狐の剃刀はまだまだ元気に咲いていました。

Img_7654

人には不快な暑さも花たちには快適な環境かもしれません。
今年の暑さが常態化すれば角田山の生態系も変わってしまう
やもしれません。

Img_7704

暑さに負けず暑い時にも花たちといつも元気に向き合える
ように体力をつけようと、今度週一で角田山に通うことに。
今日はその一日目。

Img_7656

ボタンヅルの花が盛りでした。センニンソウに似ているけれど
三出複葉で葉っぱの先がギザギザの鋸葉とくればこれはやっぱ
ボタンヅルかな。

Img_7670

「やぁ。これはこれはご精が出ますね。」
急坂を登ってふと顔をあげたら御大とバッタリ。
一服つけました。

Img_7672

御大は角田山の守り人なのです。
「今年でかれこれ18年さ」と。
角田山がメジャーの山になるずっと以前の、自然豊かだった
頃を今復元するために日夜奮闘されているのでした。

Img_7674

盆暮正月を除けば晴れれば、ほぼ毎日角田山の道張りに
精出してくれているのでした。氏の背を見ながら小生も
山との接し方を教わった気がしています。

Img_7675

これからもずーっと角田山のことお願いしますね。

Img_7686

(俳句)秋めきしものに落ち栗落ち胡桃

Img_7694

今日は山頂で山の会の仲間に大勢遭いました。

Img_7711

(俳句)子鷗の汀に群るる秋の浜
幼羽の幼鳥が集まって親鳥から餌の獲り方でも教わっている
所だったでしょうか。

Img_7713

(俳句)秋潮の沖渺茫と佐渡淡し
秋の日本海は何とはなしに寂しく感じられました。

Img_7714

ワラの龍出現。上堰潟公園に寄りました。

Img_7718

藁で作ったモニュメントができていました。これはアンコウ。

Img_7725

わらアート祭がすめば角田山に秋が訪れます。
(おわり)

| | コメント (2)

2019年8月 7日 (水)

畑の雑草にノックダウン

Img_7554

7月31日(水)晴
毎日34℃の猛暑日に参っています。一週間ぶりに
畑の様子を見に来てみれば、もうあ然。畝が全く見え
ません。

Img_7556

早稲の枝豆がそろそろ収穫時期かと来たのでしたが、すっかり
熟み過ぎて黄色みがかったのもあり、これは異常高温が続いた
せいでしょうか。

Img_7560

7畝の枝豆のうち、緑色の4畝を収穫し、黄色味がかった
3畝は大豆用に残しました。

Img_7553

雑草と格闘しはじめて1時間、藪蚊と暑さに攻められて
もうヘロヘロ。熱中症にならないうちに引き揚げました。

Img_7561
Img_7562

大根とにんじんを掘り出しました。

Img_7567

かぼちゃは干からびて口が開いているのだけ取上ました。

Img_7555

この異常な暑さが鎮まって涼しくなるまで、しばし畑は
お休みにします。
(おわり)

| | コメント (2)

2019年7月26日 (金)

新潟ジャズストリート夏

Img_7457

7月13日(土)晴
山友モモさんとそのお友達と待ち合わせして、「ジャズスワン」
からスタートしました。

Img_7456

asの美人リーダーとtp+リズムセクション(p、b、ds)の
クインテット。メンバーは皆若いけど技巧派揃いで聴かせて
くれました。

Img_7451

山友モモさんたちとは今年2月の雪山行以来です。昨年冬の
ジャズストーリートはぎゅうぎゅう詰めだったハズですが
今日はゆったりとかぶりつきで鑑賞できました。

Img_7459

2軒目は佐渡山行でお世話になった地元ガイドさんが主宰
するブルーグラスのバンドの演奏会場へ移動しました。マンド
リン+2ギター+フィドルのコンボでした。

Img_7462

ジャンゴラインハルトの名ナンバー「マイナースィング」は
絶品の演奏でした。レベル高!熱い演奏にすっかりとりこに
なりました。

Img_7469

(俳句)町中がジャズめく梅雨の港町
午後3時、小腹が空いたので、ほこ天で赤ワインとソーセージで
腹ごしらえをしました。歩行天も町中のどの店も今日明日は
町中がジャズ一色に染まるのでした。

Img_7470

(俳句)ビル裏に洩れくるジャズの夏の宵
3軒目は愛知から来たというtsとgのデュオの演奏を聴きました。
しっとりと胸にしみるいい演奏でした。

Img_7480_20190720151201

7月14日(日・祝)雨
昨日のブルーグラスのバンドの演奏をも一度ゆっくり
聴こうと出かけて来たのです。

Img_7479_20190720151401

ジャンゴの「マイナースィング」をリクエストしました。
ジャズにうつつをぬかした学生時代の思い出がよみがえりました。
ジャズストリートが過ぎれば梅雨明けはもうすぐです。
(おわり)

| | コメント (2)

2019年7月25日 (木)

じゃがいも収穫

Img_7450

7月8日(月)晴
梅雨の晴れ間のうちにじゃがいもを掘りました。今年は
天候不順が続くので出来は小振ぶりでした。キタアカリの
種芋がだいたい小ぶりなのですが。

Img_7445

ついでに人参の間引きをして草除りをしました。

Img_7446

夏だいこんもまあまあ元気に育っているようでした。

Img_7448

メロンの下に敷き藁をして鳥除けのネットを張りました。
カラスはわる賢いから、果たしてこれで万全かどうか。

Img_7449

南瓜は所かまわず所々に大きな果実をごろばせていました。
かぼちゃが隠れるほど、畑の雑草ばかりは元気旺盛です。
(おわり)

| | コメント (2)

2019年7月18日 (木)

茅の輪くぐり

Img_7206

6月30日(日)雨
雨上がりを待って白山神社に半年詣に出かけました。
早や6月も終り、月日の移ろいの速さに驚いてしまう
この頃です。

Img_7201

(俳句)先づ師弟句碑を拝して夏祓
白山公園の手水舎の裏に虚子を中央に、みづほ、素十の句を
左右に配した句碑が建っています。白山神社にお詣りする時は
先ず句碑に寄るのが習慣になりました。

Img_7204

(俳句)警蹕の禰宜の切り幣夕祓
警蹕は「下に~下に~」の意味とか。切幣を捲いて穢れを払って
もらいました。

Img_7199_20190718094901

(俳句)淡々と禰宜追ひくぐる茅の輪かな
神官の先導に従って茅の輪をくぐりました。

Img_7210

(俳句)神苑の実梅まろまろ太々と
半年詣りの後にお土産がつきました。あと半年、皆が健康に
暮らせますように。
(おわり)

| | コメント (2)

2019年6月25日 (火)

出来はまずまず

Img_7196

6月21日(金)晴
今日は晴れているうちにと、畑の玉葱を収穫しました。

Img_7195_20190624192401

暖かい日が続いたので、ごろごろの玉葱が出来ました。

Img_7197

今年は「塔立ち」が多かったみたいです。花芽は直ぐ摘み
取って、葱坊主にならないうちにと摘んだのですが。

Img_7198_20190624192601

植え付け時期が早かったのか、晴天が続いたので水分不足
が原因かもです。来年の教訓にします。

Img_7184

ニンジンの間引きをしました。

Img_7189

(俳句)畝二つ越えて延びたる南瓜蔓

Img_7186

カボチャ蔓に着果しました。大きくなった実に敷き藁を
しました。蜜蜂さんがブンブン飛び廻って受粉してくれ
るのを期待してます。

Img_7192

葉の下に隠れてプリンスメロンも大きな玉を着けていました。
今度カラスに喰われない様にと防鳥ネットを掛けました。

Img_7191

太った完熟メロンを収穫できる日が楽しみです。
(おわり)

| | コメント (2)

2019年6月 6日 (木)

そら豆収穫。しかし

Img_6910
(拡大)
5月23日(木)晴
今日はソラマメを収穫しました。

Img_6906

GWを過ぎても晴天が続いて暖かかったので、今年は
よく伸びてくれました。ソラマメは莢が下を向いたら
穫り頃だというので。

Img_6907

下向きのものだけ収穫し、上向きのものを残しました。
でもこれが災難だったのでした。カラスが木の上から
収穫の様子を見ていたのでしょう。

Img_6905

玉葱もごろごろ太って、取り頃が近づいて来たので。

Img_6904

夏だいこんの摘み菜をしようと、様子見にきてみたら
天豆は一粒残らず食い散らかされて。性悪カラスが
悠々と啄んでいる最中だったのです。追い払ったのに
慣れてるように、悠々と逃げないのでした。
嗚呼いまいましい。これからはカラス対策も考えないと
と思い始めているこの頃です。
(おわり)

| | コメント (2)

より以前の記事一覧